違いとそれぞれの役割 | 似た者同士?不動産鑑定士と宅建の違いとは

知っとくと便利かも

似て非なるもの

役割の違い

不動産鑑定士と宅建の双方の特徴を少し調べるだけでも、その役割から大きく異なっていることがわかります。
不動産鑑定士は、不動産を鑑定評価するのが主な業務なので、いわばその不動産がもつ価値を金額に表す仕事です。
土地などの不動産の場合には、融資などの際に担保として扱われますから、法律上で裏付けとなるような信用できる鑑定評価が必要であり、その最も基本的な鑑定評価する人は国から許可を得ている人でなければならないということです。
国の資産でもある土地の正しい価値を守るためにも必要だということです。
一方の宅建は、土地の鑑定評価などの公正さを守る資格ではなく、不動産を売買したりするなど取引を業務として行うのに必要な資格と言えます。

業務における違い

それぞれの特徴と違いが少し理解できましたが、言うまでもなく資格を得た後の業務も大きく異なります。
不動産鑑定士のお客となるのは、不動産の価値を鑑定評価することから、土地などを持つ個人からの依頼もあると思いますが、その多くは国や自治体、そして裁判所など公的機関、そして不動産を所有する法人が多いのではないでしょうか。
宅建については、不動産の売買を一般の人に安全にそして円滑にするためのものでもあるため、一般の個人が多いのではないでしょうか。

普段なにげなく、聞き流していたそれぞれの資格について調べてみるといろいろ発見があります。
その不動産の価値を決める仕事があれば、その不動産を取引する仕事もあるということですが、業務の中のプロセスにおいて、それぞれとても大事な役割を担っていることはいうまでもありません。


この記事をシェアする