宅地建物取引士の仕事 | 似た者同士?不動産鑑定士と宅建の違いとは

知っとくと便利かも

宅建という資格

宅建の社会的役割

「宅建」とは略称であり、正式には宅地建物取引士の資格のことであり国家資格者です。
2015年に宅地建物取引主任者から名称変更されました。
その資格は、宅地建物取引業法で不動産の売買や貸借における取引と締結(土地や権利の調査を含めて)を行うことが認められています。
不動産というと高額でしかも複雑な権利や法律にかかわる部分が数多くあります。
一般の人々に不動産を扱うための専門知識はありませんが、住宅の購入や賃貸、または売買するというケースは一般の人々でも少なからずあります。
宅建の資格を有する者は、そうした一般の人々に高額で権利などが難しい不動産取引で不利益などがないように、契約の締結までをサポートするのが役割と言えます。

主な業務内容

宅地建物取引士となった場合、どのような業務、またどのようなところに勤務するのでしょうか。
どこに勤務するかは、もちろん不動産会社ですが、街の不動産屋さんや大手不動産会社もあり、そこに取引がある限り、宅地建物取引士が必要になるというわけです。
業務としては、賃貸のアパートやマンションの入居者募集、土地や建物の売買、またそれらの持ち主に代わって物件を管理することも主要な業務のひとつです。
不動産に関わる一連の業務すべて行うと考えると、その業務は幅広く、場所により異なる土地の状況や変更になる法律など、情報の収集は都度行う必要もあります。
最も人気のある(受験する人数が多い)資格とも言われる宅建ですが、合格後の業務においても新しい知識が必要になる仕事です。


この記事をシェアする