不動産鑑定士の仕事 | 似た者同士?不動産鑑定士と宅建の違いとは

知っとくと便利かも

基本的な違い

不動産鑑定士の社会的役割

不動産鑑定士の仕事について調べると、国家資格を得て不動産を鑑定評価する、とあるのですが、つまりは不動産の価値を判定して価格としていくらになるかを示すことです。
私たちの生活の中では、あまりその仕事の内容を知ることはないですが、年に数回、国から発表される全国の土地価格(地価公示)は、不動産鑑定士の仕事でもあります。
この価格が日本でのあらゆる土地取引(課税や売買、公共事業など)の基準となります。
そして、この不動産鑑定評価という業務は不動産鑑定士のみが行える独占の業務であるということです。
土地(国土)に適正な価格をつける(経済価値を評価する)という意味で、社会的な責任も重大であり、それゆえに非常に難しい国家資格となっていると言えます。

業務と勤務先

わかりやすく言えば、基本的な土地の価格を決めることができる人が不動産鑑定士ということになりますが、実際にはどのような業務そして、どのようなところに勤務しているのでしょうか。

勤務先として最も多いのが、不動産鑑定事務所です。
土地の鑑定評価において、国や地方自治体からの業務、また裁判所からの競売物件の土地の評価などもあります。
会計事務所からは、企業が所有する不動産の時価評価などの鑑定評価もあります。
一般の企業の場合には、不動産会社の鑑定部門などで勤務したり、金融機関であれば銀行などで、担保の評価部門や信託部門で業務となります。
もちろん、上記のような会社で経験と知識を蓄えて独立するという選択もあります。
資格としてのハードルが高いだけに、独占の業務であり、安定性が非常に高いとも言えます。


この記事をシェアする