似た者同士?不動産鑑定士と宅建の違いとは

知っとくと便利かも

基本的な違い

そもそも不動産鑑定士とは、どのような資格なのでしょうか。 また、この資格を有している人はどのような仕事に従事するのでしょうか。 この資格と仕事の重要性はどこにあるのでしょうか。 超難関の三大国家資格のひとつであるこの資格と仕事について調べたいと思います。

続きを読む

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士と宅建、どちらもよく耳にする資格ですが、私の場合は恥ずかしながら双方とも知らないことがばかりでした。
すでにご存知の方も多いと思いますが、あらためて不動産鑑定士と宅建の違いと、双方の特長などを調べたいと思います。

この二つの資格は不動産というものを扱うことにおいては共通しているものの、似て非なるものと言ってもいいかもしれません。
ちなみにどちらも国家資格となります。
資格として異なる点を挙げると、難易度(合格率)がまず違います。
宅建においては合格率が15%であるのに対して、不動産鑑定士の最終合格率はネットなどでみると2%から3%、または5%という数値もあります。
不動産鑑定士が、司法試験や公認会計士と並んで三大国家資格と言われる理由です。
合格率からみると、不動産鑑定士は超難関の資格であることがわかります。
ただ、宅建の合格率も15%となっているので、けっして簡単な資格ではありません。

また、試験の方法も異なっており、宅建が択一試験のみで判定されるのに対して、不動産鑑定士の試験は、択一試験と論文試験の二つをパスしなければなりません。
しかも、この論文形式の試験が難しく、4つの分野からの出題となります。
宅建の試験にはない会計学や経済学からの出題があり、より幅広く、深い知識が必要になるというわけです。

同じ不動産を扱い、そして国家試験でありながら、その試験方法や合格率においても、まったく異なるものであることわかります。

宅建という資格

宅建とよく聞くものの、その資格そして仕事の内容はどのようなものなのでしょうか。 家を借りるとき、または購入するときに担当してくれる不動産屋さんの人ですよね。 知名度が高いだけに今さら聞けない感じもするのですが、その仕事内容や役割など、宅建について少々調べてみたいと思います。

続きを読む

似て非なるもの

不動産鑑定士と宅建について調べてみると、根本的には異なりますが、同じ不動産を扱いながら双方とも国家資格であり、共通な部分もあります。 例えば、業務においては国家資格であるため、その有資格者だけに許可された独占の業務であるという点が似ています。

続きを読む